手汗 抑える 方法

手汗を抑える対策あれこれ

手汗は少ない時にはそれほど気にしませんが、
そこで収まらないでだんだん量が多くなることがあります。
手汗が少ないときは病院へ行かないでもコンビニなどで買える制汗剤などもあります。

 

軽度の段階なら制汗剤で手汗は抑えられる

コンビニもしくはドラッグストアにはスプレータイプの制汗剤が置いてあります。
パウダーを配合したクリームタイプもあります。
ただし根本的な治療薬ではないですから、持続性はそれほど期待できないようです。
また、少し手汗の症状が進んでいると効果も薄れるようです。
しかしバッグなどに簡単にしまえるので、一時的に必要な時には便利です。

 

身体のつぼで手汗を抑える対策

手汗の原因は精神的に緊張することが原因の一つですが、東洋医学のつぼを押すことで
手汗の量を減らすことができます。
「合谷」(ごうこく)というつぼが、人差し指と親指の付け根部分にあります。
このつぼをゆっくり押すと手汗がでるのを抑える効果があります。

 

即効性はないので、時間があるときにこの部分を抑えるようにします。
癖になるくらい押していると、手汗が気にならなくなるでしょう。

 

ミョウバン水を手に塗る手汗対策

ミョウバンは漬物に使いますが、これを水で溶かしたミョウバン水を手に塗ると、
その制汗作用で手汗がでにくくなります。
なお、ミョウバン水は1.5リットルに50gのミョウバンを溶かして、それをさらに50倍ほど薄めます。

 

塩化アルミニウムを手に塗る発汗対策

塩化アルミニウムは薬品で、これを手に塗ると効果的な発汗対策にあります。
ただしかぶれやかゆみなどの副作用が出ることがありますから、
購入時には皮膚科で処方箋を出してもらいましょう。

 

手汗抑えの漢方薬

漢方薬はすぐには効かないようですが、体質を漢方薬で改善すると効果がありそうです。
手汗の改善に効果がある漢方薬には、桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)や
柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)があります。

 

食事療法で手汗を改善

手汗の原因が体質の場合、改善策として食事療法があります。
香辛料の強い辛い料理や油気が食事を食べないようにしたら手汗が少なくなったという例もあります。
また、豆腐や納豆などはイソフラボンを含む大豆製品で、発汗を抑える効果があるようです。

 

手汗治療の器具と注射、手術で手汗を抑える

一般的ではないようですが、手汗の治療用器具がありますし、
ボトックス注射は効果があると言われます。
また、 手汗の原因になる交感神経を手術で取り去るという最後の手段があります。
手汗は効果的に改善されますが副作用もあります。
なお、これらの手汗対策は自分で決めないで病院で医師と相談することが必要です。