手汗 抑える 方法

自律神経失調は手汗の原因になる

人体は神経網が張り巡らされていて、どの神経も必要ですが、
時として神経が刺激を受けると、思わぬ形で身体と精神に影響します。
もちろん怪我をすると痛いのは思わぬことではないので理解できますが、
そうでない場合は何らかの身体的な異変の原因が神経だとわからないことがあります。

 

■自律神経失調と手汗の因果関係
自律神は、血液の循環や呼吸、体温の調節や生殖、食物消化そして、ここでのテーマである発汗などの
体内の機能を制御し、かつ調整する役目の神経です。

 

ところが、好か不幸化か自律神経は自分の意志での制御が不可能なので、
自律神経の変調はさまざまな病気として現れます。
自律神経には交感神経と副交感神経あり、このバランスが崩れると、手汗として出てくるのです。

 

■発汗と交感神経との関係
汗をかくのはどのような神経が関係しているかと言いますと、
汗をかくのは、通常の場合、運動や極度の緊張あるいは興奮に交感神経が反応するからです。
汗の場合、交感神経の強弱の度合いがその量を調節しますが、
交感神経の作用が強いほど、かく汗の量は増えます。

 

したがって、手汗は交感神経の作用によって起こる症状ですが、
交感神経の変調で起きる手掌多汗症とは別に交感神経が高ぶる精神性発汗があります。
精神性発汗はリラックスして緊張感が緩和されれば自然と収まります。

 

しかし手汗の手掌多汗症は交感神経の変調が原因ですから、
交感神経自体の乱れを改善しない限り自然には治りません。
単なる精神性発汗でなく、交感神経の乱れや変調を治すには心療内科などで、
治すための治療を受ける必要があり、自分で何とかしようとしすることは出来ません。
足汗 止める