ノコア 口コミ

ノコアの口コミと実際に使った体験レビューを紹介します。妊娠線・肉割れへのノコアの本当の効果を検証します。
MENU

妊娠線を防ぐ食事

妊娠時というのは、食欲の上下も激しい時期で、食事の好みも変わりがちです。
ですから、食事に関しては「食べたいものを食べたいだけ」食べがちですが、
ちょっと待ってください!

 

怖い妊娠線を予防するためには、実は食事もとても大切なのです。
妊娠線は皮膚の細胞組織の弾力性の影響を大きく受けるのですが、この細胞組織を作っているのが日々の食事なのです。
ですから、皮膚の特に奥の方に必要な栄養成分を食事を通して摂取することは、
妊娠線予防の中で大きなファクターとなってくるのです。
ということで今回は、妊娠線を防ぐ食事がどのようなものか考えてみることにします。

 

【体重管理のための食事】
妊娠線のできる原因のひとつに、体重の増加、皮下脂肪の増加があります。
妊婦の体重が増えるのは当然のことではありますが、適性範囲というものがあります。
限度を超えて体重が増えたときには、皮膚の奥の細胞組織も大量に増加しています。
この皮膚の奥の細胞組織は、妊娠や出産による体の変化についていくことができず、
ある限界値を超えると裂けてしまいます。
これが原因となって妊娠線が発生します。

 

ですから、こうしたリスクのある細胞組織を増やさないことた大切で、
その目安のひとつとなるのが病院などでも推奨している体重管理です。
食事や運動を通して適正に体重をコントロールし、リスクになる細胞を増やさない、
それが妊娠線予防には重要です。

 

 

 

【避けるべき食事】
この皮膚の奥の細胞組織がいかに固まりにくく、弾力を維持できるか、
つまり細胞固有のリスクをどう回避するかが予防のポイントです。
そのためには、野菜などの繊維の多い食事を多く取り入れたり、
バランスの良い食事をすることが重要です。

 

つわりがひどくなると食事の支度が大変で、
ついつい出来合いのものや外食が増えてしまいますが、
外食やファストフードなどは高カロリーで添加物も多いため可能な限り避けます。

 

 

【摂るべきはコラーゲン】
妊娠線は、皮下組織であるコラーゲンが体の成長に耐えられず、
伸縮の限界に達してしまって亀裂が生じることからできると言われています。
ですから、このコラーゲンを意識して摂取することで、
皮下のコラーゲン不足を防ぎ、亀裂が入りにくくすることが大切になります。

 

コラーゲンの含まれる食材は、簡単に言うとプルプルした食材です。
動物(獣肉)性の食材なら、豚足、鳥の皮、手羽、牛すじなどになります。
他にも海洋性の食材であれば、
すっぽん、なまこ、フカヒレ、ウナギ、カニ、エビなどにコラーゲンは多く含まれます。
他にもゼリーや杏仁豆腐など、やはりプルプルした食材に多く含まれています。

 

ひとつ注意したいのはコラーゲンを含む食材は高カロリーになる傾向があるので、
一度にたくさん食べると、体重が増え、皮膚にも体にも負担をかけてしまいます。
あくまで、普段より意識して食べる程度にとどめ、極端な食べ方をしないように。
手軽にコラーゲンやその他、皮膚に良い栄養成分を摂取するのなら、サプリメントも検討してみてよいでしょう。

 

ただし、この場合も胎児のことを考え、なるべくオーガニック素材のサプリメントを選ぶようにするのが吉です。
美容成分の多く含まれた葉酸サプリメントがオススメです。
いずれも、一度に大量に摂取しないで、少量ずつ継続して摂取するようにしましょう。

 

妊娠後の赤ちゃんにあげるミルクが不足しているママさんにはハーブティーが人気です。
もちろんノンカフェインですので安心してあげられます。

このページの先頭へ
コスメブランド