ノコア 口コミ

ノコアの口コミと実際に使った体験レビューを紹介します。妊娠線・肉割れへのノコアの本当の効果を検証します。
MENU

妊娠線のできやすいタイプ

妊娠線クリームという美容品が多くあるくらい、妊娠線で悩む人は多いです。
実は、妊娠線のできやすさには個人差があります。
では、どういう人であればできにくく、どういう人が妊娠線ができやすいのか、
今回はその大まかな傾向を紹介したいと思います。

 

【タイプ@】ぽっちゃり体型

皮下脂肪の多い方は妊娠線ができやすいと言われています。
なぜかというと、
妊娠線というのは体内で起こる急激な変化に「皮膚がついていけない」ことで生じるのですが、
実は、この「ついていけない皮膚」というのは皮膚の表側ではなく、
表皮の奥の真皮や皮下脂肪のことを指しています。

 

ですから、ぽっちゃりしている、つまり皮下脂肪が多いということは、
それだけ柔軟に伸びることができない体の組織になっているということであり、
皮膚の断裂症状が起こりやすいのです。

 

【タイプA】小柄

さすがに小柄という体型はどうしようも無いのですが、小柄な方の多くは骨盤が小さい傾向があり、
妊娠時に胎児を抱えるためにお腹が大きく前にせり出すことが多いそうです。
そのためお腹の皮膚にも負担がかかり、比較的妊娠線ができやすいと言われています。

 

【タイプB】乾燥肌

当然、皮膚が割れるということの背景には弾力を失わせる乾燥もあります。
妊娠前から、乾燥する体質の方は保湿や乾燥予防を念入りに心がけましょう。
潤いのある肌は柔軟で弾力が保たれやすく、亀裂ができにくくなります。

 

【タイプC】双子など多児を妊娠している場合

前述の通り、妊娠はお腹を中心とした体組織の急激な成長が原因です。
たった一人の胎児だとしてもお腹は大きく膨らみ妊娠線ができてしまいます。
ですから、複数の胎児をお腹に抱える場合、
当然お腹はより大きく膨らみますので、どうしても妊娠線が出やすくなってしまいます。
この場合、妊娠線がひどく残るケースも多いそうですので、予防と対策は必ず行うようにしましょう。

 

【タイプD】経産婦

一度出産を経験すると、女性の体は出産に適応し、
子宮が広がりやすく、胎児も大きく成長しやすくなる傾向があるそうです。
実際、二人目以降は一人目の赤ちゃんよりも大きく生まれることが多く、
その分、お腹も大きく張り出し、皮膚に負担を与えるようになります。
そのため、一度目の出産で妊娠線ができなくても、
二人目、三人目と出産を重ねるうちに妊娠線ができてしまった方も多いそうです。

 

 

いかがでしたでしょうか。
このように、妊娠線が出やすいタイプは明らかにありますので、
該当することがあれば、ダイエットや保湿、その他ケアで予防を心がけましょう。

4

このページの先頭へ
コスメブランド