ノコア 口コミ

ノコアの口コミと実際に使った体験レビューを紹介します。妊娠線・肉割れへのノコアの本当の効果を検証します。
MENU

妊娠線ができる理由は?

女性が出産を前にして、お腹が膨らみ始める頃からでき始める肌の亀裂を総称して
「妊娠線」と呼びます。
妊娠線といえば一番多いのはやはりお腹周りなのですが、中には同時に腕や足、胸、お尻など
様々な場所に現れるケースもあり、これらはなかなか厄介なものです。

 

もちろん個人差があって、何もしなくても全く出ない人もいるのですが、
多くの人は何かしらの影響がありますので
妊娠線クリームなどを用いてケアしておくにこしたことはありません。
妊娠線ができる理由をしっかり押さえておいて、自分に合った対策をはじめましょう。

 

 

【妊娠線とは?】

まず妊娠線について基本的なことを確認してみましょう。
妊娠線というのは、はじめは2〜3mmの赤紫の線状班として現れます。
長さは人にもよるのですが、3〜5cmぐらいの線が多いです。

 

その数は1本しかできない人もいれば、
多い人だとお腹全体を覆うほど妊娠線ができてしまうという人もいます。
普通は出産後、時間の経過にしたがって色は他の肌と同じくなっていきますが、
この妊娠線自体が消えるということはありません。

 

色も目立たなくなるといっても、他の皮膚と異なりテカテカしていて、遠くから見ればしわが寄って見えます。
ですから、お腹を見られるのが恥ずかしく感じられるという悩ましい症状です。
妊娠腺はお腹が大きくなってからと思われがちですが、
妊娠初期にできる方も多いので油断してはいけません。
一般的には、妊娠5か月頃からできる方が多いそうです。

 

【妊娠線のできる理由】

厄介な妊娠線のできる主な理由は、
妊娠や出産に伴ってお腹などが急激に成長するのに対して、
皮膚がその伸びに耐えられずに亀裂を生じてしまうからです。

 

女性は妊娠すると、胎児が大きくなるにつれてお腹が大きくなるだけでなく、
バストやヒップなどにも変化が起こります。
一般的に皮膚はそうした成長にある程度付いていくのですが、
表皮のの下にある真皮や皮下組織はその急激な伸びに対応できないそうです。
そのため、皮膚に亀裂が生じて妊娠線として現れてしまいます。

 

また、妊娠線のできるもう一つの理由に、ホルモンの影響があると言われます。
妊娠中にはコルチコステロイドというステロイドホルモンが多く分泌されますが、
このホルモンは皮膚の新陳代謝を悪化してしまうことが明らかになっています。

 

皮膚は一般的におよそ1か月で新しい皮膚組織を生成しますが、
このコルチコステロイドの分泌が多い妊娠期には、正常なサイクルで皮膚組織を生成することができず、
その結果、皮膚全体の弾力が失われ、皮膚の断裂が起きやすくなってしまうのです。

 

 

最後に、妊娠線のできやすいタイプは、

● 皮下脂肪の多い人
● 乾燥肌の人
● 小柄な人
● 双子など多児妊娠している人
● 経産婦

 

と言われていますので、該当する人はいっそう注意するようにしてください。
⇒ エクラシャルム 口コミ

 

このページの先頭へ
コスメブランド