ノコア 口コミ

ノコアの口コミと実際に使った体験レビューを紹介します。妊娠線・肉割れへのノコアの本当の効果を検証します。
MENU

予防について

妊娠線は、できたら後で何とかしようと考えたりしていませんか?
一度妊娠線が出てしまうと、たとえ妊娠線クリームや美容整形手術などを用いても、
完全に除去するのは簡単ではありません。

 

しかし、妊娠線は予防できるので、まずは妊娠腺を作らないように努めましょう。
妊娠線を予防するには、どのような対策をしていけば良いのでしょうか?
ここでは、大きく二つの方法を紹介したいと思います。

 

 

【方法@】体重管理
まず、基本は体重管理です。
最近は病院やクリニックでもこの体重管理を厳しく指導していますが、
体重の増加に伴う皮下脂肪の増加は、妊娠線のできる確率を高めてしまうからです。

 

もちろんお腹の胎児が成長するに伴い、体重が増えないということは無理ですし、
そうなってしまえばむしろ問題です。
適正な範囲の体重増加でおさまるように、医師や助産師の指導の耳を傾けながら、
適切な体重コントロールを心がけましょう。
段階を踏んだ体重増加やお腹の成長であれば皮膚組織も対応できるはずです。

 

妊娠線ができるのを恐れて食事を減らし、胎児にとって必要な栄養素を摂取できなくなってしまっては、
お腹の赤ちゃんの成長を妨げ、命にまで影響が出てしまって危険です。
ただ、食事の内容を見直してみたり、軽い運動を取り入れるだけでよいのです。
それだけで急激な体重の増加を防ぎ、また代謝を活発にすることができますので、
ウォーキングや散歩を毎日の生活の中に取り入れて、
気分転換がてら、ついでに体重管理も行うようにしてみましょう。

 

 

【方法A】スキンケア
そしてもう一つの予防法は、スキンケアです。
外側から皮膚をケアしてあげることで皮膚の潤いを守り、柔軟さを保ちます。
スキンケアでは、油分と潤いをいかに守るかが重要なポイントになります。
保湿クリームやマッサージクリーム等は、適度にマッサージをしながら塗りこみます。
すると血行も改善され、妊娠線の予防効果が上昇します。

 

また、マッサージは基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくするので、
上記の体重管理にも有効です。
妊娠線は皮膚のコラーゲン組織が破壊されるために発生するといわれていて、
妊娠線用クリームなどはそうした成分を補うことができるように作られています。
こうしたスキンケアは、入浴後、血液の循環が良い時に行うのが良いでしょう。
そしてスキンケアは、毎日行うことが基本です。

 

妊娠線が発生するのはお腹だけではありませんから、クリームなどを使う場合は、
胸やお尻など脂肪がつきやすい箇所も意識してケアしていく必要があります。
また、お腹が大きくなるとお腹に塗るのも一苦労ですので、
恥ずかしがらず、パートナーにもお願いして縫ってもらうようにしましょう。

 

 

【その他の方法】
その他にも、食事やサプリメントによって意識的にコラーゲンを摂取したり、
ガードルやサラシを利用することでお腹を支え、皮膚への負担を減らす方法もあります。
妊娠線ができると、産後のオシャレや外出などに大きな支障が生じてしまいますから、
予防が最善の方法だとわかって、しっかり事前にケアするようにしていきましょう。

このページの先頭へ
コスメブランド